販売員研修を積極的にしよう

販売員研修を積極的に利用しませんか。

不況のあおりで少ない従業員で店をまわすという事も増えてきた昨今、ゆっくり仕事を教える時間も短くなりつつあります。そこで研修センターを利用することで、まず販売員として大切とされる挨拶や、お辞儀やレジでの応対について学びます。少しでも力をつけたうえで配属することによって、現場で教えることが少し減るという利点もありますし、お客さんへ失礼な態度をとってしまうという事態を防ぐことが出来るでしょう。また、新入社員としてもきちんと研修を受けることで販売員に対する自信をつけることも出来るので不安感をひとつ減らすことにもつながります。販売員研修は積極的に利用をしてみましょう。

プロペシアの副作用について

プロペシアとは男性型脱毛症治療薬における商品名の一つです。アメリカで開発された抗アンドロゲン薬である「フィナステリド」を主成分として世界中で販売されており、元々は前立腺肥大の治療薬として開発されたものでした。治験時における効果の発見に伴い、現在では脱毛治療に使われるのが主となっていますが、内科医療の現場では前立腺肥大症及び前立腺がんの治療薬として当初の目的通りに処方もされています。

元々低用量でも高い効果が見込める薬なので、プロペシアの副作用として重篤な症例は少なく、臨床データにおいてもプロペシアのみに目立って発生しやすいという記録は存在しません。ただし肝機能障害、勃起不全、射精不全などの副作用は頻度不明ながら発生の可能性ありという報告もされています。